映画「アバター IMAX3Dリマスター版」を見ました

この記事は約1分で読めます。
この記事はアフィリエイト広告を利用しています。

先週の土曜日、公開当日に「アバター IMAX3Dリマスター版」を見ました。

10年ぶりほどに3D映画を見ましたが、迫力満点でしたね。
特に、映画終了後の12月公開の続編予告は、海洋生物がまるで視野の手前に泳いできて、驚きました。

ところで、希少金属を埋蔵している星「パンドラ」の先住民族「ナヴィ」は、白人に迫害・虐殺されたアメリカ先住民を連想させられます。
これは誰もが思いつくことらしく、Googleで検索したら相当な結果が出ました。

天邪鬼な僕は、あえてそこに軽く触れるだけで、他にこの映画の魅力を書きたいと思っています。

続きます。

Follow me!

  • X