Metaの新SNS「Threads」をさっそく使ってみた~Twitterの対抗馬になる?ならない?

この記事は約3分で読めます。
この記事はアフィリエイト広告を利用しています。
Threadsのアプリアイコン

今日(2023年7月6日)午前8時から、Meta社の新しいテキストベースSNS「Threads」がアカウント作成できるようになりました。(iOS・Android版アプリのみ。現在のところ、PCからはまだ書き込み等はできません。見ることだけはできます。例:ザッカーバーグのID:https://threads.net/@zack

その感触を今のうちに書き留めておきます。

Instagramからアカウントを作成する

Threadsは、Instagramと連携した短文SNSという位置付けです。

アプリ自体は昨晩にはiPhoneにインストールされていました。
すでにInstagramを利用していたので、スムーズにアカウントを作ることができました。

最初にInstagramのフォロイー(フォローしている人たち)をひとりずつフォローしていきます。(「すべてフォローする」というボタンも出ますが、いったんは見送りました。)
まだThreadsを始めていないアカウントの場合は、このような「参加したら自動的にフォローします」というメッセージが出ます。

Threadsのしくみ

「フェディバース」Fediverse=Federation(連合)+Universe(宇宙)という言葉を聞き慣れていない方もいらっしゃるでしょうが、違うプラットフォームでもお互い投稿を見られたり、相手をフォローできたりするという仕組みです。

Threadsは今後「ActivityPub」というW3C準拠のプロトコルにつながる予定です。短文SNSのMastodon・Misskey・Pleromaや、分散型InstagramといえるPixelfed、分散型YouTubeのPeerTube、分散型RedditのLemmyなどがActivityPubを採用しています。WordPressのプラグインにもActivityPubがあります。
つまり、すでに持っているMastodonのアカウントからThreadsのアカウントをフォローしたり、その逆も可能になる、ということです。

Threadsの特徴

  • 500文字まで書ける。
  • 画像なしでも投稿可能。
  • 画像を10枚まで添付できる。(Instagramと同じ。)
  • Instagramと同じく「いいね」数を非表示にできる。(数に一喜一憂しなくてもよい。)

Twitterと比べて「ここが弱い」ところ

  • フォローしていない人の投稿も流れてくる。
  • タイムラインが時系列ではない。
  • 画像にNSFW(Not Suitable For Work、職場では不適切)がつけられない。
    (ガチムチの男性の裸体や女装バニーガールの写真が現れたのにはびっくりしました。)
  • 検索機能でハッシュタグ検索ができない。
  • 「今日のおすすめ」といった機能がない。
  • DM機能がない。

以上の点で、今のところTwitterとはかなり違います。
しかし、今後改良されるかとは思います。
何しろ、数か月前からリリースは予告されており、Twitterの月初の混乱に乗じたのか、急いでリリースしたようなので。

また続報が書けると思います。それまでは皆さんもいろいろ試してみてくださいね。

Follow me!

  • X